読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

いつの間にか落ちている

「恋人を作る」という感覚が分からない 

恋ってのは、「いつの間にか落ちている」ものじゃないのか。
ある日、ふと「この人がどうしようもなく好きだ」と気付く。
そりゃあもう絶望的なくらいに。

 

わかる。でも年齢を重ねるほどこういうのが難しくなってくるんだろうなあと思う。勢いは大事。

------

小学校高学年を除く若い頃から、恋愛小説やドラマやマンガが超苦手だった。
今もまだ少し苦手だ。だって、見ててイライラして苦しくてうわーーっ!てなるから。

学生時代に「モテたーい!」って言っている女友だちがいっぱいいたけど、みんな賢くて自分を持ってて、彼氏なんか必要ない感じだった。うっかり恋しちゃって、うっかり付き合っちゃうなんてなさそうだった。

対して私は大勢にモテたことはないけど、超うっかり派。うっかり好きになって気がついたら付き合ってる、みたいなことが多くて、流されてるなあーと恥ずかしかったよ。

友だちみたいな、賢くて自立した女子になりたかった。
何があっても私は私、みたいになりたかった。

aikoの歌詞みたいな「あなたのいない世界にはあたしもいない」みたいなのは、自立してない気がして、嫌だった。嫌だけどそんな感じになることは実際あった…aikoめ…

------

だから、結婚したーい!って言う人に対する助言とかできない。
「うっかり」してたらできるよって言えないよ。
還暦すぎた親が「早く孫の顔が見たいねぇ」「早く落ち着いてほしいねぇ」って言うのに対してうんわかるって言えない。
そこはまだ母ちゃん脳じゃなくて当事者に近い感じ。

それに結婚したらしたで、家庭内男尊女卑アタックとか妻たちの戦いとか何々ちゃんのママ問題とかいろんなものが待ってるわけで、そんなところにщ(゚д゚щ)カモーンって呼べないよ。

だいたい付き合うとか結婚するなんて、普通に考えたら躊躇しないわけがない。
その場の勢いみたいのがなければ、踏み込めないよ。
そういうのを軽々と超えてしまう力みたいなのが、恋にはあると思う。

あるけど、ある程度の年齢になったら理性が働いてしまって、勢いがそげる。
好きだけど、たぶん無理だろうなとかさ。
好きだけど、相手もう結婚してた!とかさ(多いだろうなー)
いろんな条件がどんどん積み重なってきて、無理無理無理ってなると思う。

だから、ほんと、勢いは大事。

-----

恋について、今年読んだ中で一番好きな文章。
ケイクスに載ってたphaさんの「女子を好きになってしまった」
https://cakes.mu/posts/2953

 

有料だけど他にもいい記事があるからぜひ読んでみてね
ステマじゃないよ