読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

永遠に続く子ども時代のおわり

昨日、

用事があって、次男6歳とふたりで往復30分くらいドライブしました。

 

冬なのに暖かい日で、雨がふっていて、

雨が上がったあとの海には虹がかかってました。

 

ちょうど、去年12歳で死んでしまった、うさぎのモグたんを

最後に預けて燃やしてもらった場所だったので、

「虹の上にモグたんが歩いているかもしれないよ?見てごらん」

と声をかけました。

 

「もうモグたんにもうさわれないのはさみしいよ。おもいだしちゃうよ」

「天国に行けば会えるよ」

「でもそうしたらぼくもしななきゃなんないじゃん」

「死んだあと会えるからさみしくないよ」

 

「…」

 

「だれもしんだらこまる」

「そう?」

「うん。さみしくなっちゃうから」

 

そう言って黙って外を眺めて、いつの間にか眠ってしまった次男。

何もかもが永遠に続くわけじゃないことを、

知ってしまったみたいです。

 

前を走る車の、タイヤの後ろで跳ねる水のところにも虹がかかって、

すごくきれい。

 

こんなきれいな世界で、幸せな時間なのに、

過ぎてしまったら戻ってこないんだよね。

今のうちに、できることはぜんぶやっておかなくちゃ。