読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

(母ちゃん脳で読む)アイドルとわたし、の話


担降りしました。 - あやなのblog


読んだ。
うおーーー!!ってすごい熱量で圧倒された。
すごいよね。だってこれ「気持ち」の話だもの。



あの、これ読んで思ったことを正直に話すけども、
「自分の子どもがこういうふうに好きになられたら、わたしはどう感じるのか?」っていうことを
考えた。ザ・母ちゃん脳。



いやあの、自分の子は自分にとってはかわいいけど、
アイドルにはなれないと思う。思うんだけどね、だけど考えらさった。
北海道弁で「考えさせられた、自動的に考えてしまった」の意)
大きくなって、愛する人ができて…みたいな古風なお母ちゃんの願望ではなくて、
それよりもうちょっと手前の話で。



わたしが産んで育てているわたしの子、だけども、彼はわたしではない。
もちろん、わたしのモノでもない。
当たり前のことなんだけど、頭ではそう考えるけど、
気持ちの上ではどうかっていうと、うーん。
10歳にもなればだいぶ「分離した」感じはするけど、
「わたしの一部だった」感じは、正直まだちょっとだけ、ある。



その彼(息子のことですけど)が、
だれかに、すごく好きになってもらって、
いろんな角度から検証されたり、羨望されたりするのってさ…



人としてものすごーく幸せなのではないか。
その彼を産んで死なないように育てたのはわたしだし。
その彼が、だれかにこんなすごい影響を与えているなんて、
しあわせな気持ちになってもらえてるなんて、最高じゃないの。
自分を好きになってもらってるようなそんな気さえする。



子どもを私物化してるって思われるかもしれないけど、
何回も言うけど、子どもはわたしの一部ではないし、
別の生き物だって頭ではちゃんとわかっているんだけどね。



うわーキモいね。
家族ってキモいね。



「キモイな」って思いながら、
わたしもメガネ男子ガー!とか言ってるんだけど。


あっ、こういう視点(母ちゃん脳)で読めば「君に届け」もイライラしないで読めるかも…



したっけねー( ´ ▽ ` )ノ