読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

パパは死にません!

医学書院/書籍・電子メディア/坂口恭平 躁鬱日記

僕は治ることを諦めて、「坂口恭平」を操縦することにした。家族とともに。
「パパが動けなくなったら、わたしがゆめマートでバイトするから大丈夫だよ」 
 フー、アオ、弦の三人は二つの布団に寄り添い合って、まったく同じ方角を向いて、同じ姿勢で眠っている。 
 坂口家のみんな、ありがとう。 
 パパは死にません! 

リンク先であとがきが読めるので、ぜひ読んでみてください。

 

 

うちに、うつ病の家族がいたことがあります。

約3年間くらい、毎年夏になると具合が悪くなっていました。

 

「いたことがある」とかいうと死んじゃったの?って

思う方がいるかもしれないので先に書いておきますが、

最近具合悪くなってないだけで、ちゃんと生きてます。

大丈夫。

 

一番具合悪い時は、薬飲んでても具合悪くて、ずっと寝てるだけ。

ちょっと良くなった時には起きられるけど、

死にたい欲が高まってるので目が離せなくって、

 

まだ小さかった子どもたちがちょっとぎゃーとか言うだけで

一緒にヽ(`Д´)ノウワァァァン!!てなっちゃうので、

まさに阿鼻叫喚な感じでした。

 

子どもも夫も、どっちも死んだら困るから、

どーんと構えて見守るしかなかった

あの日々を、

 

読んだら思い出しちゃうと思うけど、

でも、この本読んでみようと思います。

 

最中にしかも本人がこうやって書けるのってほんとすごいよ…