読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

ゲスいニュースを見た。

今朝、司会が北乃きいちゃんに変わったZIP!を見てたら、
御嶽山の噴火のニュースをやってた。


夫が御嶽山で行方不明になっているので
遠くから現地に来た女性に取材していたんだけど、
最初は普通に話せているのに、
次の場面では「早く無事を確認したいです」って泣いているところを、
わざわざ下から覗き込んで撮影していて、
暗澹たる気持ちになった。


ゲスい。ゲスいよ!


夫が無事かどうかわかんないときに、それについて聞かれたら
そりゃあ心配だもの、泣くだろうよ。
その映像を見た地方在住のおばあちゃんとかが、
「かわいそうにねえ…」って言うんだろうなっていうのも想像つくよ。

だけど、もし自分が同じ立場だったら…って考えたら、胸が詰まる。



わたし、昔テレビ局で少し仕事をしていたことがあって、
カメラマンの人たちがどんなときでも取材に行くし、
すごいのもちょっとだけ知ってる。
震度5の地震が勤務時間中に起きたとき、揺れた!大きい!って階段を降りたら、
カメラ持って走って出かける彼らとぶつかりそうになった。すごい迫力だった。
わたしは、違う階で働く、顔しか知らない女性と手を取り合って「怖い、怖い」って言うのが精一杯だったのに。


すごいなあって思うけど、視聴者の立場だと、
やっぱりゲスいなあって思ってしまう。


ああもうだから、
もし自分の夫や家族が無事かわかんない時に
取材の人が来たら、竹中直人の「笑いながら怒る人」をやって取材拒否することにする!


笑いながら怒る人 - YouTube


「ふざけんなよこのやろう!」

これ完璧じゃない?
「こいつやべえ」ってなって、その後そおっとしてもらえるよね?
いまから猛特訓するわo(`ω´*)o



したっけねー( ´ ▽ ` )ノ


「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

だいじょうぶ 自分でできる怒りの消火法ワークブック (イラスト版 子どもの認知行動療法 2) (イラスト版子どもの認知行動療法)

だいじょうぶ 自分でできる怒りの消火法ワークブック (イラスト版 子どもの認知行動療法 2) (イラスト版子どもの認知行動療法)