読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分

なんでも話半分で聞いてください

「もらいにいく」話

午前も午後も夕方もいろいろ用事があって忙しかったある日、
夕食に、カレー屋さんでルーだけテイクアウトして食べようかーってことになった。


そのとき長男が
「じゃあ、インデアン(お店の名前)でカレー『もらって』帰ろうか」
って言ったので、ちょっとびっくりした。


昭和の商店街か!


いらっしゃい!おくさん今日はさんまが安いよ!
あらーちょっとこれ安いわねーもらっていくわーの『もらう』ですよ。



「もらっていく、ってどこで覚えたの?」って聞いたら
「えー、お母さんがよく言ってるよ。今日もデュエマの新弾『もらって』くるねーって言ってたし」
そうかー。やっぱりわたしだった。たはは。


ほんとは「買いに行く」だよねー、もらうって変だよねー
って話はしたけど、子どもってよく人の言葉を聞いているもんなんだな。

いまだに手袋を「はめる」って言い張る*1いじっぱり長男なので、
もらうも言い張るのかな。
いいけど、昭和っぽいよ(ノ∀`)



したっけねー( ´ ▽ ` )ノ

*1:北海道では手袋は「はく」がデフォルトだけど内地産まれの意地らしい